2018年8月22日(水)

糖尿対策はホテル合宿で 厚労省がプログラム

2014/6/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 厚生労働省は糖尿病の疑いがある人向けに、ホテルや旅館で運動や食事の保健指導が受けられるプログラムを作る。対象は特定健診(メタボ健診)で、糖尿病の疑いがあると判定された人。保健師、管理栄養士、医師から適切な食事の取り方、糖尿病の症状などの説明を受け、実際に散歩や体操などの運動をする。ホテルの合宿で「脱メタボ」を目指す。

 厚労省はホテルでの宿泊が観光産業の活性化につながる効果が期待できるとして、月内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報