/

ヤジ処分の要求書不受理 都議会議長、発言者不特定で

東京都議会で妊娠や出産の支援策を尋ねた塩村文夏議員(35)に「早く結婚しろ」などのヤジが飛んだ問題で、吉野利明議長は20日午後、塩村議員が同日午前に発言者への処分を求めて提出した要求書を受理せず、再提出を要請した。発言者が特定されていないためという。

塩村議員が所属するみんなの党の会派幹部は「発言者の特定は難しく、再提出はできない。法律を精査し対応を検討したい」としている。

一方、舛添要一都知事は20日の記者会見で、ヤジの際に笑みを浮かべていたと指摘されたことについて「ヤジは聞こえなかった。塩村議員が笑ったので、何か面白いことがあったのかと思った。ヤジの内容は報道で知った」などと説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン