/

この記事は会員限定です

原発再稼働にらみ転換 使用済み核燃料「空冷」に

[有料会員限定]

経済産業省が原子力発電所から出る使用済み核燃料を空冷保管する方法を進めるのは、今秋以降の原発再稼働に備える狙いがある。一部の原発では再び使用済み燃料が出始めると3年でプールが満杯になるからだ。「核のごみ」問題の解決には地中に埋める最終処分地をみつける必要があるがメドは立たない。今回の見直しは再稼働を前にした時間稼ぎの面もある。

国内では昨年9月から稼働する原発がゼロの状態が続いている。政府は今年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン