/

意識不明の海自隊員が死亡 横須賀の潜水訓練事故

神奈川県横須賀市にある海上自衛隊の訓練水槽で5月、1人が死亡し、1人が意識不明となった事故で、海自横須賀地方総監部は19日、重体だった海自潜水医学実験隊の渡辺一夫海曹長(50)が同日午前に死亡したと発表した。

総監部によると、渡辺海曹長は5月23日、水槽の底で作業をしていた同隊の藤原将実1等海尉(47)の異変に気付き、助けに潜ったが、2人とも意識を失った。藤原1尉は翌朝に死亡した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン