意識不明の海自隊員が死亡 横須賀の潜水訓練事故

2014/6/19付
保存
共有
印刷
その他

神奈川県横須賀市にある海上自衛隊の訓練水槽で5月、1人が死亡し、1人が意識不明となった事故で、海自横須賀地方総監部は19日、重体だった海自潜水医学実験隊の渡辺一夫海曹長(50)が同日午前に死亡したと発表した。

総監部によると、渡辺海曹長は5月23日、水槽の底で作業をしていた同隊の藤原将実1等海尉(47)の異変に気付き、助けに潜ったが、2人とも意識を失った。藤原1尉は翌朝に死亡した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]