盛岡に「医工融合」VB うつ病数値化や血中がん細胞検出

2014/6/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

盛岡市に「医工融合」ベンチャーが誕生した。それぞれ市場が独立している診断薬と検査装置のメーカーが共同で新会社を設立、包括的な医療診断システムの開発を目指す。まず統合失調症やうつ病の診断システムを開発。血液中のがん細胞を検出する装置の開発なども進める。岩手県の中小ものづくり企業などと連携し、盛岡市を医療産業の集積拠点に育てる。

千葉市で診断薬ベンチャー「メタロジェニクス」を営む岩手県一関市出身の岩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]