大学の国際化、外部連携が必要に

2014/6/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学が外部の教育機関と連携を深めるのは、グローバル化への対応を迫られているためだ。政府は成長戦略で「大学教育の国際化」を打ち出しているが、外国語学部などを持たない大学ではノウハウを持つ教員が少なく、内部だけでは対応が難しくなっている。

神戸学院大学は2015年度にグローバル・コミュニケーション学部を新設する。学生全員を3年生の前期に留学させる方針だ。これまでは留学する学生は年に20人ほどにとどま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]