/

この記事は会員限定です

JA神奈川、横浜に戦前の外観残した新ビル

[有料会員限定]

JAグループ神奈川が横浜市内に建設していた新ビルがこのほど完成し、神奈川県農業協同組合中央会など12団体が新たな拠点にする。戦前の建物の外観を残し、神奈川県庁本庁舎など周辺の歴史的建造物との調和を図ったのが特徴。6月から7月下旬にかけて関連組織が順次入居し、約400人が働く。

5月31日に完成した「JAグループ神奈川ビル」は県庁本庁舎や横浜税関の近くに位置する。延べ床面積は1万2500平方メートル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン