/

この記事は会員限定です

シェールガス輸入1年前倒し 関電、16年前半から

[有料会員限定]

米国の割安な「シェールガス」の輸入が、予定より1年早く2016年から始まる見通しとなった。関西電力が新たに結んだ契約で、16年前半から液化天然ガス(LNG)として輸入する計画が本決まりとなったためだ。原子力発電所の再稼働が不透明ななか、火力発電の燃料費増で電気料金が上がっている。シェールガスは中東産などと比べ2~3割安い。輸入前倒しが広がれば、企業や家計にも恩恵がありそうだ。

関電は米シェニエー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン