/

この記事は会員限定です

サントリBF、初の社債 親会社には借入金完済

[有料会員限定]

サントリー食品インターナショナルが資金調達の多様化を加速する。有利子負債の約7割を占めていた親会社サントリーホールディングスからの借入金を完済。初の普通社債(SB)を200億~300億円発行する見通しだ。サントリーHDは発行済み株式の約6割を持つが、財務面では親会社からの独立性を高める狙いだ。

サントリーHDからの借入金は2012年末で約2400億円あったが、金融機関からの調達などに切り替え、昨年末は約1280億円に減少。このほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン