2019年6月26日(水)

牛原皮高騰、苦境の加工業者値上げ 靴価格に影響も

2014/6/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

靴やカバンに使う牛原皮が値上がりしている。最大輸出国である米国の供給低迷と中国の需要増加に円安が重なり、米国産の代表品種は2013年8月の直近の安値から2割上昇した。原皮を加工して牛革を納入するなめし業者(タンナー)の収益環境は厳しさを増し、値上げの動きが広がってきた。

「値上げが受け入れられないと事業を続けられなくなる」。兵庫県姫路市のなめし業者はこう語る。昨秋、工場の集約や人員削減のリストラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報