/

この記事は会員限定です

学生「地元大好き。でも…」(関西の羅針盤)

第1章 逆風下の船出(4)

[有料会員限定]

人口減少が続く関西だが、150近くの大学に約58万5千人が通うなど高等教育に限っては求心力は健在で、北陸、中四国、九州からも学生を集める。だが、足元につなぎ留めているとは言い難い。「関関同立」といわれる有力私立大の関西、関西学院、同志社、立命館の卒業生就職状況を本社所在地別で見ると、関西に残る学生と首都圏に向かう学生は同じ4割で並ぶ。

希望の受け皿なし

一方、現実には学生の地元志向は高まっている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン