/

この記事は会員限定です

企業の新技術、大学の特許と重複多く 民間調査

[有料会員限定]

大学が持つ特許と、企業が開発する新技術の多くに重複があることが、特許調査・分析のパテント・リザルト(東京・台東)の調べで分かった。企業などが特許申請したものの、大学が持つ特許との類似性から認められなかったケースが2013年は8595件あり、前年より14%増えた。

新たな特許申請を拒絶する理由となる先行特許を最も多く保有するのは米カリフォルニア大学。同校は世界中で特許を積極申請しており、特に医薬・バ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り251文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン