米、証拠開示制度緩和へ 企業の訴訟負担軽減

2014/6/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の裁判で原告、被告双方の証拠資料を徹底的に開示させる「証拠開示(ディスカバリー)制度」の負担を軽くする議論が始まった。判決を左右する重要な手続きだが、電子メールなど社内文書が年々膨大になり、米国企業だけでなく裁判に巻き込まれた日本企業にとっても提出作業は重荷だった。制度の見直しは企業側に朗報となるのか。

「当社は本日、原告のA社から訴状を受領しました。書類や電子メールなど本件に関する一切の文…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]