/

サンドラッグ、自社株買い 上限260万株

サンドラッグは29日、260万株(発行済み株式数の3.87%)を上限に自社株買いを実施すると発表した。筆頭株主のイリュウ商事(東京・世田谷)から売却の申し入れを受けたため。1株あたりの買い取り金額は、3月1日から5月末までの終値の平均価格の9割と6月20日の終値を比べ、低い方の価格とする。

取得総額は最大100億円。6月21日の株主総会で承認されることを条件に、7月1日から9月30日にかけて相対取引で取得する。取得した株式は当面、金庫株として保有する。

イリュウ商事はサンドラッグ創業家の資産管理会社で、同社株の約4割を保有する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン