輸入木材製品、値下がり 増税後の反動減響く

2014/5/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

輸入木材を加工した住宅の柱や梁(はり)の取引価格が下落した。欧州産の板を、国内で柱に加工した集成管柱は前月比3%安と1年11カ月ぶりに下落。北米産丸太を梁用に加工した米松KD平角も2年2カ月ぶりに下がった。消費増税を受け住宅用の需要が落ち込んでいる。

集成管柱の問屋卸価格は現在、1本1900~2000円。増税前の住宅の駆け込み需要を映して、昨年6月までの半年間で25%値上がりした後、横ばいとなっ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]