/

この記事は会員限定です

マルハニチロ、群馬工場を年内再開 農薬混入で安全体制強化

[有料会員限定]

マルハニチロは冷凍食品への農薬混入事件があった旧アクリフーズ群馬工場(群馬県大泉町)の操業を年内に再開する。生産ラインの見直しや監視カメラの増設、担当者以外の人員の立ち入り制限といった安全対策を講じ、ピザなどで知名度の高い「アクリフーズ」ブランドの家庭向け商品の生産を始める。事件前には連結営業利益の3分の1を稼いでいた冷食事業を立て直す。

第三者検証委員会による29日の最終提言を受けて、安全対策な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン