/

この記事は会員限定です

成長力問う「配当狩り」 米金利低下、日本の相場圧迫

編集委員 梶原誠

[有料会員限定]

配当利回りが高い株が買われている。米長期金利の低下で世界の投資マネーが高い利回りを求めているからだ。ただ、米長期金利の低下は米経済の変調を映している。円高を通じ、相場全体への売り圧力を強める可能性もある。

日経平均株価は34円高。迫力を欠く相場を象徴するように、27日は東証1部の値上がり銘柄の比率が44%にとどまった。ただ、条件を1つ加えるだけで値は変わる。予想配当利回りの上位100銘柄に限れば比...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン