/

この記事は会員限定です

漂流・ソニーはどこへ行くのか(一目均衡)

[有料会員限定]

日本企業の業績が上向く中で、流れから取り残され、漂流を続ける企業がある。かつて最高の輝きを放ったソニーである。

同社の前期決算は最終損益が1200億円超の赤字に逆戻りし、今期も赤字を継続する。「会社の顔」でもあるテレビ事業は10年連続の営業赤字で、累積損失は7900億円に及んだ。「今度こそテレビを黒字化する」という平井一夫社長の言葉に、何人の人が説得力を感じただろう。

果たしてソニーはよみがえるの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン