/

この記事は会員限定です

さらば低収益ニッポン 企業動かす「働く株主」

証券部 川上穣

[有料会員限定]

22日の日経平均株価は大幅に反発した。前日の米国株高を好感したが、投資マネーが資本効率の高い企業に向かう流れは変わらない。最近は投資家自身が経営者と対話し、企業価値の向上を目指す流れも生まれつつある。長らく低収益に甘んじてきた日本企業。株主と経営陣が協調し、世界に肩を並べる魅力ある企業に脱皮できるか。真価が問われる局面を迎えている。

22日の市場では、積極的な自社株買いで知られるアステラス製薬が年初来高値を更新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン