2019年6月19日(水)

サイエンス、野菜と魚を冷温水で同時育成 ヒートポンプ活用

2014/5/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環境機器製造のサイエンス(さいたま市)は、水中などから取り込んだ熱を空調や給湯に利用するヒートポンプの仕組みを活用し、野菜工場と魚の陸上養殖場の機能を併せ持つシステムを開発した。発生させた温水と冷水を循環させて生育環境が異なる4種類の野菜や魚を同時に育て、エネルギーコストを抑える。先端技術を使った新たな農林水産業の取り組みだ。

新潟県十日町市で実験を開始した。井戸水をくみ上げ、ヒートポンプで温水…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報