2019年9月21日(土)

裁判員5年、求刑上回る判決42件 刑の公平性課題

2014/5/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2009年の裁判員制度スタートから21日で丸5年。これまでに42件の裁判員裁判で検察側の求刑を上回る判決が言い渡され、プロの裁判官との差が目に付くようになっている。刑事裁判に市民感覚を反映させる以上は想定されたことだが、行きすぎると刑の公平性が損なわれるとの懸念も出ている。

「親から虐待を受けた子供はすがる相手がいない。下手すれば殺人罪より罪が重い」。判決言い渡しの後、裁判員を務めた男性は記者会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。