/

マリキ首相派、最大勢力に イラク議会選

【ドバイ=久門武史】イラク選挙管理委員会は19日、4月30日投票の連邦議会選(定数328)の中間開票結果を発表した。マリキ首相が率いるイスラム教シーア派中心の政党連合「法治国家連合」が最大勢力となる92議席を獲得。3期目を狙うマリキ氏は連立政権樹立に向けた交渉に入る。他の会派は30議席に届いておらず、組閣はマリキ氏主導で進む情勢だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン