川崎病、中国から原因菌か 国際チームが気流を解析

2014/5/20付
保存
共有
印刷
その他

乳幼児に血管の炎症を引き起こす「川崎病」は、日本の場合、中国北東部から気流に乗って運ばれてくる菌類が原因の可能性があるとの報告を、米国やスペインの研究機関、自治医大(栃木県)などの国際チームが19日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

川崎病は、主に4歳以下の乳幼児がかかる病気で1967年、小児科医の川崎富作氏が世界で初めて報告した。主な症状は5日以上続く熱や両目の充血、発疹など。国内では年間約1万人が発症し、近年増えているが、原因は分かっていない。

チームは、日本で川崎病が大流行した1979、82、86年で、発症者が多かった日の気流を解析したところ、中国北東部の穀倉地帯付近から流れてきたと推計された。87~2010年でも同様の結果だった。

発症の多い3月に日本の上空2千~3千メートルの大気中のちりを集め、微生物を調べたところ「カンジダ」と呼ばれる菌類が54%を占めていた。カンジダはかびの仲間で、体内や空気中にも存在することが知られている。

これまでの研究でカンジダから抽出した物質をマウスに投与すると、川崎病に似た症状を発症することが知られており、原因の候補と考えられてきた。中国北東部の穀倉地帯ではとうもろこしや米、小麦が主に作られているが、カンジダとの関係は不明という。

チームに発症データを提供した中村好一・自治医大教授は「気流と川崎病の関連を証明するにはさらなる検証が必要だ」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]