五大明王像、山を下りる 7月に奈良で展示

2014/5/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界遺産・醍醐寺(京都市)の不動明王像をはじめとする五大明王像(重要文化財)が、安置されている山上の五大堂から下り、7月19日から奈良国立博物館(奈良市)に出展される。5像すべてが展覧会のために山を下りるのは初めて。

醍醐寺は標高450メートルの醍醐山上一帯の上醍醐と西麓の下醍醐…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]