/

この記事は会員限定です

大阪監査法人など3法人、7月に合併 会計士120人に

[有料会員限定]

大阪を地盤とする中堅の大阪監査法人(大阪市中央区、道幸静児理事長)が、ペガサス監査法人(同、安原徹代表社員)、新橋監査法人(東京・千代田、平野秀輔代表社員)と7月1日付で合併することが分かった。顧客企業の海外進出が進み会計監査の環境も変化するなか、合併で規模を拡大して競争力を高めるのが狙い。

合併後の法人名は「ひびき監査法人」で道幸氏が理事長に就く。公認会計士など企業会計の専門家を約120人抱え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン