カツオのタタキ売り込め 高知県中土佐町、加工場開設

2014/5/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知県中土佐町はカツオなど地元で採れた魚の加工拠点を開設する。同町は県内有数のカツオの漁獲量を誇る。新鮮な魚を調理できる強みを生かし、カツオのタタキ、ウルメイワシなどの干物を生産する。ネット通販で個人に売るほか、首都圏などの百貨店やホテルに売り込む。地元産品を付加価値をつけて県外に売り込む「地産外商」で地域活性化につなげる。

加工場は町内の久礼新港内に秋をめどに設置する。敷地面積は400平方メー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]