/

京王電鉄、新宿・渋谷どちらも乗降可能な定期券

京王電鉄は多摩方面の駅から新宿、渋谷のどちらの駅でも乗り降りができる定期券を9月に発売する。平日に仕事で新宿駅までの定期券を利用する客が、週末に井の頭線で渋谷駅に出て買い物をする際などにも使えるようにする。顧客の利便性を高めて利用者を増やす狙いだ。

井の頭線が交差する明大前駅(東京・世田谷)以西の駅から新宿、渋谷のいずれかの駅までの区間が対象。1カ月の定期券の場合、通常の区間の料金に1000円を上乗せして支払うと両駅での乗り降りが可能になる。

渋谷駅までの定期券購入者の利便性も高める。多摩方面に帰宅する際、井の頭線の渋谷駅だけでなく、京王線の新宿駅からも定期券を使えるようになる。「渋谷駅から明大前駅以西の京王線の駅に向かうには乗り換えが必要だが、新宿駅からなら電車一本で済む」(京王電鉄)

定期券の名称は16日に京王電鉄ホームページで「プラスoneパス」など5種類の候補を掲示する。

6月8日まで受け付ける投票の結果を踏まえて決定する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン