/

長野のファンドに行政処分勧告へ 監視委、ずさん管理で

証券取引等監視委員会は長野県の投資業者「おひさまエネルギーファンド」について、16日にも金融商品取引法に基づき行政処分するよう金融庁に勧告する方針を固めた。監視委の検査でファンドの資産と事業費用の分別管理がずさんだったことが判明した。同社は太陽光発電事業に投資していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン