/

船長ら4人、殺人罪で起訴へ 韓国船沈没で合同捜査本部

【木浦(韓国南西部)=共同】韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、検察などの合同捜査本部の関係者は15日、逮捕されたイ・ジュンソク船長ら4人に対し、乗客を残して逃げ死なせた行為に殺人罪を適用し、同日中に起訴する方針だと明らかにした。

船長らは乗客らに船内で待機するよう指示し、脱出できない状況にして船から逃げた。捜査本部は救護措置を取らなければ乗客らが溺死することを認識し、死んでも構わないとの「未必の故意」があったと判断した。

関係者によると、船長らは救護措置を取らなかった理由について「自分が生き残らなければならないとの考えしかなかった」と供述した。

事故は16日で発生から1カ月。捜査本部はイ船長ら乗組員15人のほか、過積載運航をさせた運航会社、清海鎮海運の幹部や同社のオーナー一家、運航管理業務を行っていた業界団体なども捜査し、死者、行方不明者304人を出した大惨事の刑事責任追及を急ぐ。

殺人罪を適用するのは船長のほかに、機関長と1等航海士1人、2等航海士1人。船長らには遺棄致死や過失船舶埋没罪も適用する。既に逮捕された別の船員11人は遺棄致死罪などで起訴する。

4月16日午前に船が転覆した当時、乗組員は、客室乗務員に命じて乗客に待機を指示する船内放送をさせた。救難当局から乗客を脱出させるよう指示されても従わなかった上、救助船の接近を乗客に知らせず最初にセウォル号を離れ救助された。

短時間で到着できる救助船の数が少ないことを見越し、自分たちが乗るために乗客らの避難を妨害した疑いがある。事故では15日までに281人が死亡しており、死者全員を殺人の被害者とする方針。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン