2019年1月17日(木)

八十二銀など、ワイン醸造会社に出資 6次産業ファンドで

2014/5/13付
保存
共有
印刷
その他

八十二銀行や信州上田農業協同組合(JA信州うえだ、上田市)などは、ワイナリー運営を手掛けるヴィラデストワイナリー(東御市)の子会社への出資を決めた。同銀行などが2013年に設立した6次産業化支援ファンド「信州アグリイノベーションファンド(SAIF)」の1号案件となる。長野県産ワインの成長を後押しし、地域経済の活性化を目指す。

出資先は日本ワイン農業研究所(東御市)で、SAIFの出資額は6810万円。これとは別に、事業母体のヴィラデストワイナリー、JA信州うえだなどが合計で6810万円を出資する。

日本ワイン農業研究所は2億8000万円を投じ、東御市にワインの醸造所を建設する。7月に着工し、年内の完成を目指す。原料は県内の農家が栽培したブドウを使う。JA信州うえだはブドウの苗木などを提供する。

新規就農希望者も受け入れて栽培・醸造などのノウハウを提供し、地元のワイン産業を担う人材を育成する。ブドウ農家への就農希望者に対し農地の情報を提供。加工したワインの販促で、県や東御市とも連携する。

JA信州うえだは「JAグループとして参加する国内第1号案件。1次産業を担うJAと2次・3次産業に強い八十二銀行で地域経済を活性化したい」と期待している。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報