/

この記事は会員限定です

福島第1の凍土壁、6月着工は不透明 規制委が安全性疑問視

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所で、汚染水対策の柱とされる「凍土壁」の着工が遅れる可能性が出てきた。計画を認可する原子力規制委員会が安全性に疑問を呈しているからだ。予定する6月の着工が遅れれば廃炉の道筋に影響が出かねない。

「凍土壁を設けることでかえって悪いことが起きないか」。2日、規制委が開いた会合で更田豊志委員はこうクギを刺した。念頭にあるのは地下水の流れが変わることへの懸念だ。

凍土壁は1~4号...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン