2018年11月14日(水)

トヨタホームなど、浦安に災害に強い集会所

2014/5/2付
保存
共有
印刷
その他

トヨタホームや千葉県浦安市などは1日、同市内の分譲住宅地「THE ISLES(ジ・アイルズ)」に災害時の避難所として利用できる集会所を整備したと発表した。災害時に電力を供給するための太陽光発電パネルや非常食の備蓄庫を設置。通常のキッチンも備え、災害時以外でもイベントやパーティーなどの目的で活用できる。

パナホームとミサワホームを加えた4者で共同で整備したのは「自立型スマート自治会集会所」。投資額は5千万円程度とみられ、延べ床面積は130平方メートル。周囲に建設した戸建て住宅と似た間取りとした。12月に浦安市に引き渡し、同市が管理・運営する。

集会室のほか、通常は水洗式だが災害時にはくみ取り式として活用できるトイレなどを備えた。太陽光発電パネルや蓄電池などは浦安市が負担した。太陽光発電パネルで発電した電力は売電せず、集会所での消費分を賄う。

ジ・アイルズは東日本大震災以後、浦安市内としては初めて開発された大規模分譲住宅地。最終的に500戸程度の戸建て住宅の建設を目指す。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報