/

この記事は会員限定です

公益法人に課税強化論 政府内で浮上、軽減税率など見直し

[有料会員限定]

財務省は法人税実効税率を引き下げる場合の財源の穴埋めとして、公益法人等への課税を強める検討に入った。5月の政府税制調査会(首相の諮問機関)で議論の俎上(そじょう)に載せる考えだ。ただ、公益法人の社会福祉法人や宗教法人などは各政党の支持勢力ともなっており、政治問題になるのは必至。財政当局も税制の課題として強く踏み込んでこなかった経緯があるため、法人減税論への「けん制球」との見方もできる。

政府税...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り596文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン