TPP、農業の変革迫る 攻めの経営へ政策も転換点

2014/4/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環太平洋経済連携協定(TPP)が日本の農業に変革を迫っている。24日の日米首脳会談では合意にいたらなかったものの、日本が「聖域」としてきた豚肉や牛肉の関税を下げ、コメの輸入枠を広げる方向で交渉が進んだ。厳しさを増す経営環境に対応し、国際競争力を高める攻めの農政が求められている。

TPPをめぐる日米交渉の最大の焦点が、農産品の扱い。安倍晋三首相とオバマ大統領の首脳会談や閣僚級協議では、豚肉と牛肉の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]