東映、太秦映画村にCG深海水族館 26日開業

2014/4/25付
保存
共有
印刷
その他

東映は26日に東映太秦映画村で開業する新アトラクションを発表した=写真。数億円を投じて施設を改修し、コンピューターグラフィックス(CG)により深海生物の生態を体験できる「さかなクンのデジタル深海水族館」などを新設する。従来の時代劇や忍者など以外に目玉をつくり、家族連れなどに顧客層を広げる。

東映の研究部門「ツークン研究所」のCG技術を全面的に導入した。東映ではCG技術の海外輸出も検討しており、そのモデルとも位置付ける。歴代の仮面ライダーとスーパー戦隊の展示やゲームが楽しめる「ヒーローランド」と2~10歳の子供向け遊戯場「キッズランド」も同時に開く。

岡田裕介グループ会長は「時代劇などだけでなく、新しい体験ができる大きなテーマパークにしたい」と述べた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]