/

この記事は会員限定です

世田谷区、認可保育所運営に2社内定 企業参入の第1弾

[有料会員限定]

東京都世田谷区は区内初の株式会社による認可保育所の運営事業者を、学研ココファン・ナーサリー(東京・品川)と長谷川興産(東京・豊島)にする方針を固めた。区内2カ所の民有地に来年4月、両社がそれぞれ認可保育所をオープンする計画だ。世田谷区は全国の区市町村で待機児童が最も多く、民間の力を活用した保育所の整備を進める。

世田谷区は「保育の質が低下する」として企業の参入を認めてこなかったが、待機児童数の増加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り285文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン