移動棚、アジアで受注強化 熊本の金剛が現地商社と連携

2014/4/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

移動棚製造の金剛(熊本市、田中稔彦社長)はアジアなどの海外市場に本格進出する。21日付で新設したグローバル事業室が中心となって台湾やシンガポールなど東南アジアの現地商社と連携し、大学の図書館や博物館、公共図書館の移動棚など保管設備の受注増を目指す。

グローバル事業室は執行役員の室長以下5人で構成。同社のアジアでの移動棚などの受注額はこれまで年間数千万円から1億円程度だった。今後3年間の累計で海外…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]