/

この記事は会員限定です

ブラジルW杯、現地観戦ご用心 治安や病気リスク下調べを

[有料会員限定]

ブラジルで6月に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)を安全に観戦してもらおうと、滞在経験者や国などがサポーターへの情報発信を始めている。ブラジルでは強盗や誘拐などの事件が相次ぎ、日本では感染事例のない病気のリスクも高い。「現地の環境を詳しく知ったうえで観戦してほしい」。注意喚起を受けたサポーターの意識も高まりつつある。

東京都内で3月下旬、現地観戦するサポーター向けの講習会が開かれた。「日本が出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン