/

この記事は会員限定です

日欧EPA交渉ヤマ場、立場逆転のカギはTPP

[有料会員限定]

日米首脳会談を目前に控え、環太平洋経済連携協定(TPP)に絡む日米間の交渉が大詰めに入った。その熱気に隠れて目立たないが、日本と欧州連合(EU)の通商交渉も、大きなヤマ場を迎えようとしている。

経済連携協定(EPA)の締結を目指し、日本とEUが交渉に入ったのは昨年4月15日。ちょうど1年前だ。どれほど進展したかをEU側が採点し、さらに交渉を続けるかどうかを決めることになっている。

決定を一方的に下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン