/

この記事は会員限定です

背景に医師と製薬会社もたれ合い 臨床研究巡る不正問題

[有料会員限定]

臨床研究を巡る不正の背景として指摘されるのは、大学研究者である医師と製薬会社のもたれ合いの構図だ。会社は医師の論文で自社製品の効果への権威付けを求め、医師も企業からの寄付金や社員が研究を手伝う労務提供を期待するからだ。

白血病研究を巡るノバルティスファーマの社外調査委員会は今月公表した報告書で「臨床研究は製薬会社など利害関係者から独立した中立的立場で行われることが当然の前提」と指摘。原田国男委員長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン