/

この記事は会員限定です

ヤオコーとベルク、圏央道開通にらみ南関東で攻勢

[有料会員限定]

埼玉県を地盤とする食品スーパー2社が、東京都や神奈川県など南関東に攻勢をかける。ヤオコーは5月、東松山市の工業団地に総菜工場を新設。ベルクも寄居町の本社近くに冷蔵食品向けの物流センターを稼働させる。新たな配送拠点をテコに、整備が進む首都圏中央連絡自動車道(圏央道)などの高速道路網を活用して店舗網を広げる。

ヤオコーはこのほど完成した「東松山葛袋産業団地」内に、総菜工場「ヤオコー デリカ・生鮮センタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン