/

不審アクセス4.4万件 暗号化ソフトの欠陥標的

世界中で広く使われている暗号化ソフト「オープンSSL」に深刻な欠陥が見つかった問題で、警察庁は15日、この欠陥を標的にしたとみられる不審なアクセスを4万4534件検知したと発表した。

9日に初めて検知し、15日午前10時までの数字をまとめた。実害は判明していない。

オープンSSLは、銀行やインターネットショッピングなどのサイトで使われることが多く、サーバーに保管されているパスワードやクレジットカード情報が盗まれる危険がある。

アクセスは断続的に検知され、12日午前3時台に5088件、15日午前9時台に4200件、14日午後0時台に4142件など、集中する時間帯もあった。

警察庁によると、サーバーの管理者が欠陥がないバージョンに修正すれば被害は防げるという。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン