/

この記事は会員限定です

JR四国、駅弁会社を解散 9月末 コンビニ攻勢で赤字続き

[有料会員限定]

四国旅客鉄道(JR四国)は、グループ会社で弁当の製造販売などを手掛ける高松駅弁(高松市)を9月末に解散する方針を固めた。鉄道利用客の減少や、充実した弁当の品ぞろえを持つコンビニエンスストアチェーンの出店攻勢を受け、赤字が続いていた。経営安定基金の積み増し効果があるうちに不採算会社を整理し、経営体質の改善を目指す。

今月末にも正式発表する。同社は1943年の設立で、駅弁の開発・製造や列車での車内販...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません