/

「うどんカツ」のバーガー発売 高松道SAで

穴吹興産子会社の穴吹エンタープライズ(高松市)は、焼きうどんをお揚げで包み油で揚げた「うどんカツ」を使った「さぬきうどんカツバーガー」を20日に発売する。しょうゆなどで味付けすることで、きつねうどんのような風味に仕上げた。価格は450円。高松自動車道の津田の松原サービスエリアで販売する。

うどんカツとチーズ、キャベツの千切りをパンで挟んでハンバーガーにした。うどん麺は同SA内で打つため、できたての麺を味わうことができる。同社が2011年から同SAで販売している釜玉うどん風味の「さぬきうどんバーガー」が19日にも発売5万個を達成できる見込みとなったことを記念して開発した。

同社は「さくさくしたお揚げともちもちの麺の2つの食感を楽しめる商品。SAに寄ったときにはぜひ味わってほしい」とPRしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません