/

この記事は会員限定です

大腸がん、遺伝子解析で治験につなぐ 国立がんセンターなど

[有料会員限定]

国立がん研究センターなどは進行して手術が困難な大腸がん患者の中から、特定の遺伝子に変化がある人をタイプ分けする臨床研究を始めた。がんは様々な遺伝子の変化が原因で発症するが、原因遺伝子ごとに効く薬も異なる。タイプ分けで病状の進行具合などを把握する。直接治療につながらない可能性が高い患者もいるが、今後の効果的な新薬開発のデータや治験体制づくりの基盤として活用する狙いだ。

大腸がんは年齢や生活習慣などで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン