/

この記事は会員限定です

就活生、ブラック企業見抜く目養う NPO・弁護士が助言

[有料会員限定]

長時間労働を強いるなど労働環境が劣悪な「ブラック企業」による被害が社会問題化する中、行政や弁護士、NPO法人が企業選びのサポートに乗り出している。学生のブラック企業に対する警戒感は強まっているが、十分な情報や知識を持たないまま就職活動を始める場合も多い。専門家らは「きちんと見分ける目を持って」と呼び掛けている。

「内定を断り就活をやり直すことにしました」。4月上旬、都内の私立大を前月に卒業したば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン