/

タイ飲料大手イチタン、21日に上場へ

■イチタン・グループ(タイの飲料大手) 今月21日にタイ証券取引所に上場する。上場に先立ち新規株式公開(IPO)をこのほど実施、新株3億株を11日まで募集する。調達資金は39億バーツ(約125億円)となる見込み。

調達資金は中部アユタヤ県で稼働予定の第2工場向け投資などに充てる。イチタンは昨年12月に上場を予定していたが、長引く政情混乱による資金調達への影響を懸念し、上場時期を延期していた。

イチタンはタイ人向けに甘く味付けた日本茶飲料で国内シェアトップ。常に船長帽をかぶるなどユニークないでたちで自らを広告塔に据え商品の拡販に励むタン・パサコンナティ最高経営責任者(CEO)は、金塊や北海道旅行があたるなど派手なキャンペーンで一気にシェアを拡大してきた。タン氏は競合で現在業界2位のオイシ・グループの創業者だったが、市場活性化などを期待し2010年にイチタンを創業した。(バンコク=京塚環)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン