/

千葉のセブンイレブン、成田産いもでパンと洋菓子

セブン―イレブン・ジャパンは千葉県内で成田市特産のさつまいもを使ったパンと洋菓子の販売を始めた。しっとりなめらかな食感が特徴の品種、大栄愛娘(たいえいまなむすめ)を使用、8日から4週間程度取り扱う。同社は新京成電鉄と提携し、駅構内の売店をセブンのコンビニへ転換中で、駅の店舗では提携もアピールする。

県内888店舗(3月末時点)で「さつまいものデニッシュ」(140円)と、「さつまいものなめらかモンブラン」(260円)を発売した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン