福岡市、起業家への支援策拡充 交流用カフェも

2014/4/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福岡市はハード・ソフトの両面で起業支援策を拡充する。ベンチャー予備軍の裾野を広げるため先輩経営者との情報交換などができる飲食店を新設。加えて海外企業との交流を促すため、英語による事業計画のコンテストも開催する。支援を手厚くすることで、起業を目指す優秀な人材を市内にとどめたい考えだ。

ハード面では、主に交流の場を想定した「スタートアップカフェ」を市内に設ける。店内では先輩経営者や中小企業診断士など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]