/

この記事は会員限定です

セグウェイ通勤、夢のまた夢 ロボ特区に規制の壁

[有料会員限定]

茨城県つくば市が構造改革特区の一つとして、日本で初めてセグウェイのような搭乗型移動支援ロボットが公道を走れるロボット実験特区に認定されて3年が過ぎた。だが規制緩和のスピードは遅く実験は遅れている。生活支援ロボットは安倍政権の「日本再興戦略」の重点分野のはずだが、規制の壁は厚く実用化に黄色信号がともっている。

「へえー、ロボットが走ってるんだ」――。つくば市内には「ロボット実験区間」と書かれた看板...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン